製造工程

製造工程 -設計者が知っておくべきプラスチック射出成形金型の基礎知識-

射出成形金型は下記のように、材料選定、ワイヤー加工、電極製作、研磨加工、放電加工といった製造工程に従って製作されます。
電極製作
図面を頂きましたら、ワイヤー加工研磨加工と平行して、電極加工を行います。

マシニングによる電極製作風景(1)

マシニングによる電極製作風景(2)

電極完成写真
材料の選定

HPM-31 熱処理前

HPM-31 熱処理後、上下2面研磨
設計図をもとに材料を選定いたします。治工具・自動機部品の材料変更によるコストダウンのご提案も行っております。
ワイヤー加工

ワイヤーカット加工機による加工風景

ワイヤーカット加工後のワーク写真
図面により指定された材料よりワイヤーカット加工機にて部品を切出します。ワイヤーカットにて仕上げ加工まで行う場合もございますが、今回の例では全面研磨仕上げとなっております。
研磨加工

研磨風景

研磨加工後のワーク写真
反りが発生しないよう細心の注意を払いながら研磨を行います。前工程のワイヤーカットにて研磨しろを0.02~0.05mm程度残して加工してあるため、研磨工程の負荷を減らすことが出来ます。
放電加工

段取り風景

加工中の写真
研磨加工・電極加工が無駄にならない為にも位置決めを慎重に行います。なお、ここでも反りなどが発生しないよう注意を払います。

▲ Page Top

株式会社浦製作所は3つの特徴でお客様のコストダウンに貢献いたします!
Point1
VA/VEによる
コストダウンを提案!

浦製作所では、材料選定、ワイヤーカット加工、電極製作、研磨加工、放電加工における各工程ごとだけでなく設計段階からのVA/VE提案を実施いたします。
Point2
高精度な樹脂金型!
小型精密部品の製作を得意としています。小型に特化した設備を多数保有することで精度はもちろんのこと納期面においてもパフォーマンスを発揮いたします。
Point3
即見積もり!
スピーディーな対応をいたします。使用頻度の高い材料については在庫を保有しており、直ぐ製作に取り掛かることができ短納期を実現します。

▲ Page Top