放電加工における品質向上・コストダウン事例

Ⅵ-4.放電加工における電極消耗による形状不良回避のポイント

Before
角度のついた形状の放電加工を行う場合、必要形状と同じ形状の電極で加工すると、角度の開始点(上図A)が減ってしまうため、角ダレによる寸法不良になりやすくなります。
After
電極の角度部分を延長しておけば、角度の開始点(上図B)が角ダレをおこすことなく、寸法も出しやすくなります。
放電加工において電極のエッジ部分は特に消耗の多い部分です。電極のエッジ部分を使わないように電極の形状を設計することで寸法不良を起こすことなく、精度の高い放電加工を行うことが可能となります。

▲ Page Top