電極製作における品質向上・コストダウン事例

Ⅴ-2.電極製作におけるR指示の変更による加工時間短縮のポイント

Before
ポケット形状加工においてR指示が小さいと細いエンドミルを使用することになるので加工時間が長くなってしまいます。
After
R指示を大きくとることで太いエンドミルを使用することが可能になり、加工時間を短縮することができます。
R指示を大きくすると電極を切削する体積は増えますが、太いエンドミルを使用することができ、切削速度が向上するので、結果として加工時間を短縮し、コストダウンが可能になります。形状寸法を見極めて設計することによって、上図のように「2.3」→「3.1」と加工量が増えても加工時間を短縮することが可能です。

▲ Page Top