電極製作における品質向上・コストダウン事例

Ⅴ-1.電極製作におけるプログラム変更による工数削減のポイント

Before
上図の金型では、R0.3の部位がC0.3の形状に切り換わっています。形状通りに仕上げるためには別工程が必要となるため工数が掛かってしまいます。
After
設計上可能であれば、R0.3の部位をC0.3の部位まで一定に付けることによって加工工数を削減してコストダウンに繋げることができます。
上図(Before)のC0.3の形状を成形するには、R0.3を成形するための切削加工とは別に、研磨加工または逆放電による加工が必要となります。上図(After)だけの形状であればマシニングによる加工だけで済みます。設計を見直すことは、コストダウンにおいて、非常に有意義な手段です。

▲ Page Top