研磨加工における品質向上・コストダウン事例

Ⅳ-1.パーツの分割化による研磨精度向上のポイント

Before
砥石をエッジにして研磨すると砥石の先端がダレて丸くなり溝寸法が上手く出ません。砥石を成形し直して何度も研磨する必要があり、工数も増大します。
After
金型を分割することで溝寸法が正確に出せるようになります。サインバイスに乗せることができるので、研磨が容易になります。
エッジ形状は最も研磨加工が苦手とする形状です。エッジ形状を回避する形状に分割ができれば、研磨加工における負担が減り、加工時間の短縮・コストダウンに繋がります。

▲ Page Top