ワイヤーカット放電加工における品質向上・コストダウン事例

Ⅲ-7.ワイヤーカット放電加工における下穴加工の工数削減のポイント

Before
ワイヤーカットで多数個取りを行う場合、1個ずつ加工すると下穴加工だけでも手間・時間がかかってしまいます。加工中、自動結線に失敗して必要個数が不足してしまう場合もあります。
After
連結部を設けて加工することによって下穴加工も1つで済み、工数を減らすことができます。その後の工程もバラバラにせず、1体物のまま行うことができます。
上図(After)のようなワーク形状であれば、連結部分を設けて1つのワークとして加工できます。下穴加工に掛かる時間を短縮できるだけでなく、自動結線の失敗による加工漏れによって製品数が不足する心配もありません。後工程も1体物として作業できるため、段取り時間も減り、コストダウンに繋がります。

▲ Page Top