ワイヤーカット放電加工における品質向上・コストダウン事例

Ⅲ-3.ワイヤーカット放電加工における反り防止のポイント-1

Before
上図のように、金型をワイヤーカットによって細長い形状に加工する場合、加工時に食い込み(反りが出て先端が細くなり)やすく寸法不良がでてしまいます。
After
先に切れ込みを入れておくことで、加工時の反りが軽減されます。反りは全くなくなるというわけではありませんが、最小限に抑えて不良品を無くすことはできます。
ワイヤーカット加工を行う場合、細長い形状があると熱による反りが発生します。これは残り部分が少ないほど顕著です。そのため予め切れ込みを入れることで形状への負荷を減らし、反りを抑制することにより、高精度な製品を製作することができます。

▲ Page Top