設計段階における品質向上・コストダウン事例

Ⅰ-3.ワイヤーカット加工を活用したポケット加工におけるコストダウンのポイント

Before
放電加工によって、上図のような面積の広いポケット加工を行うと、加工時間が相当かかり加工精度にも影響が出てきます。その結果、コストが増大する懸念があります。
After
ワイヤーカットで貫通した形状のワークを製作し、同じくワイヤーカット、もしくは研磨によって製作した入れ子パーツで穴を塞ぎます。
今回の事例では、設計を変更することによって加工工数が増えてしまいました。しかし、加工時間が短縮し、加工精度も維持しやすくなることで、トータルコストダウンに繋がりました。加工方法のメリット・デメリットを考慮しながら金型を製作することでコストダウンに繋がります。

▲ Page Top