設計段階における品質向上・コストダウン事例

Ⅰ-1.カットダイにおけるR補強による破損防止・耐久性向上のポイント

Before
設計図において、カットダイに逃がし加工を行う指示がある場合、 残りしろが多い場合は強度が確保できるため問題にはなりません。しかし、残りしろが少ない場合、上図のように刃裏部分が角になっていると、切断時の負荷が一点に集中します。そのためヒビが発生しやすく、最悪割れてしまう場合があります。
After
設計上、問題がなければ、放電加工によってダイの刃裏部分にRをつけます。角になる部分を無くすことで負荷が集中するのを防止します。
カットダイに逃がし加工を行う際は、刃裏部分にRをつけて補強をします。そうすることで切断時の負荷が一点に集中することを防いで、耐久性が向上し、ダイの割れを軽減することができます。また角となる部分を階段状にする・テーパ状にするなどしても同様の効果を得ることができます。

▲ Page Top